海外輸入ビジネスでネットショップを本格的に始める時の自己資金はいくら必要?





ネットショップを本格的に始める場合には最初にいくら必要なのか興味のある人も多いかと思います。

副業でヤフオクやメルカリをやりながら売り上げが上がってきたら独立するというのが一番ですが、仕事をしながらだとどうしても出品や梱包の時間が取れず、なかなか売り上げも上がらないと思います。

ネットショップを始めるにあたり、まずはお金を稼いでから始めるというのでもいいかと思います。

中国輸入でネットショップを始める際、最初にいくらくらい必要になるかみていきましょう。

海外輸入でネットショップを始めた場合の商材の仕入れ旅行にかかる費用

僕自身商材の仕入れには海外だと中国かタイに行きます。

飛行機のチケットやホテルの宿泊代は、中国もタイもそれほど値段はかわらないのでだいたいの概算になりますがみていきましょう。

まずは航空券です。TripAdvisor (トリップアドバイザー)で検索すると、成田-バンコクで約6万円ほどです。成田-上海も同じく6万円くらいであります。

ホテルはピンキリですがTripAdvisor (トリップアドバイザー)で安いホテルが2500円ほどででてきます。6泊したとして15000円です。

海外に滞在中の移動や食事、お土産などで1日1万円として5万円くらい見ておくといいかと思います。

現地で滞在する費用は安くすまそうとしたらもっと安くなりますが、せっかくなのでおいしい料理を食べたりすると楽しい仕入れ旅行になります。

仕入れに行くまでの飛行機と一週間分のホテルの宿泊代でトータルで12万5千円なので、おこずかいをたして15万円をみておくとタイでも中国でも一週間滞在できると思います。

東京からの計算になるので地方の人はさらに成田や関空などへの移動で3~5万円ほどプラスになるとは思います。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

海外輸入でネットショップを始めた場合の商材の仕入れにかかる費用

次に商品の仕入れです。

中国に行く際、5千米ドル相当を超える外貨(円やドル等)を持ち込む場合は税関で申告が必要です。詳しくみる→在中国日本国大使館

税関で申告が必要なので僕は仕入れ旅行に行くとしても資金は5千米ドル相当以内にしています。

初めて行く場合は商品を沢山仕入れることは難しいので約30-40万円くらいがいいかと思います。

その中から郵送代、税金などが必要になりますが商品によって違ってきますのでご自身でシュミレーションしてみてください。

何かトラブルにあった際にもお金は必要になるので仕入れに30万と予備で10万円で40万円というのが初めての方にはいいかと思います。

一人で行くことになると思うのでトラブルの際のお金も考慮しておきましょう。お金があればたいていなんとかなるものです。

海外輸入で仕入れたからといってすぐに売れるとうわけではなく生活費が必要になります

そして、仕入れから帰ってきてもすぐに売れるというわけではなく、商品の撮影をして画像編集をして、ネットショップに出品をしないとなので売れるまでの生活費用が必要になります。

生活費はひと月15万円は必要になるので3か月分として45万はほしいところです。

概算で計算すると

仕入れ旅行15万円
仕入れ代金40万円
帰国後の生活費3か月分45万円

合計100万円

100万円は0から海外輸入を始める場合の目安になるかと思います。




100万円を貯めるのは大変ですが、ネットショップで成功するほうがもっと難易度が上がります。毎月10万円貯金すれば1年で120万円がたまります。

中国輸入などのキーワードで検索してこちらのページに来てくれた人は簡単にネットで稼ぎたいと思って見に来てくれたかもしれませんが、現実は厳しく簡単にネットで稼げるわけがありません。

ネットショップを本格的に始めるには最初にお金がかかります。アルバイトでも派遣でも契約社員でも地道にコツコツ働いて最初の100万は気合いで貯めるしかないと思います。

契約社員、派遣、アルバイトなど自分に合った契約で働きまくりましょう。僕自身契約社員をしながら残業をしまくりで、カプセルホテルに泊まったりして一気にお金を貯めてネットショップを始めました。

契約社員や派遣社員は正社員と違い将来もらえるであろう厚生年金などが給料から引かれないので、その時もらえる給料は正社員より多い事もあります。

月給制でも残業代がもらえたりするので残業代をもらえるところを選びましょう。

一気に稼ぐには単価のいい仕事を長時間することに限ります。IT系などは単価が高いのでおすすめです。ITのスキルに自信がない人もスキルが必要のない仕事が多々あるものです。

積極的に求人サイトに登録して日々求人を探しましょう。パソコンはいじった事がないとだめかもですがネットショップを始めたいという人でパソコンを触った事のない人はいないかと思います。積極的に応募してみましょう。

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!
Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!!
転職エージェントのパソナキャリア
平日は他に仕事をして、土日に休みのある人はアルバイトで稼ぎましょう。土日も休みなしくらいの気合いを入れないとなかなかお金はたまりません。

リアルな声と雰囲気からイメージできるバイト探し、バイトーク
学生のバイトなら【アルバイトEX】
ジョブセンス

ここに上げた以外にも求人サイトは沢山あります。求人サイトは星の数ほどありますが、全部に登録する勢いが必要です。すべてのサイトに登録してその中から一番高給の仕事を選びましょう。

土日に時間のある人は土日も働く事をお勧めします。休むのは稼いでからという気持ちで寝る間も惜しんで働きましょう。片っ端から登録して条件のいい仕事を探しましょう。

1年間は修行と思い、長時間働き徐々にヤフオクやメルカリなどで肩慣らしをしながらお金がたまったらいざ海外に買い付けに行くといいかと思います。

その間に英会話を勉強しておくこともおすすめします。海外輸入を始めようと思ったら英語が必要になってきます。

英語や中国語、タイ語を取得するのはお金を稼ぐよりも難しいかもしれません。お金は働けばすぐに入ってきますが言語を習得するには継続が必要です。

毎日ほんの少しでもいいから外国語に触れる機会を1年続ければ多少は習得できると思います。

いずれにせよ備えあれば憂いなしです。第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンも言っています。

 

Give me six hours to chop down a tree and I will spend the first four sharpening the axe

木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やす

エイブラハム・リンカーン

 

情報商材などで簡単に稼ごうと思うのではなく、しっかりと目的を持って斧を研ぐ準備から始めましょう。まずは就職サイトに登録です。

 

ネットショップの仕入れにはネッシー



無料でネットショップ開業BASE



楽天市場



Jimdo



おちゃのこネット



ミンネ



MakeShop



カラーミーショップ



Estore