中国輸入商品をとてつもなく安く出品しているライバルを見て思う事


中国輸入商材はいかに多くの商品を右から左へ流すのが肝なので、値段も安くしてどんどん売りまくらないといけません。

売って売って売りまくれという感じで次から次へ出品して注文をとって、発送していきたいものです。

皆さんは同じ商品を出している出品者の中でも最安値で出品してますか?

1円でも高く売りたい衝動

僕の場合はついつい値段を上げてしまったり、写真にこだわったり、出品もさぼったりでちょっと根本的に売り方を考えないとです。

いくら安い商品といってもだんだんと愛着もでてきて高く売りたくなっちゃうのですよね。

中国輸入商品の他には、パワーストーンや天然石、革紐なんかを使ったハンドメイドのアクセサリーも作って出品していますが、ハンドメイドの商品は時間がかかるので、どうしても値段もあげちゃいます。

まぁハンドメイドは売れると嬉しいので、高めにしてたまに売れるくらいでもいいかとは思いますが値段を上げたくなるくせを治していかないとです。

というのもヤフオクを何気なく見ていたら僕が200円くらいで仕入れて700円くらいで出している商品を送料無料で300円で出品している人を見つけました。

格安で出品しているライバル

ライバルが格安で出している商品はすっかり同じものではないですが、僕が出品しているものと同じようなものです。

形状だったり、素材が一緒です。

その人は中国から安く仕入れるコネクションを持っている人だとは思いますが、仕入は安くても50円から100円くらいだと思うのですよね。

300円で手数料と送料をひいて200円くらいとしても、一つ売れて150円から100円にしかなりません。

大量に売ればいいのかなと思ったけれど、評価を見てもそこまで大量に売れているという感じではないのですよね。

その商品以外にも多数出品しているので目玉商品的な感じかもしれません。

にしても300円って安すぎです。

僕なんかは手間を考えてしまい300円なんて出品できないのですよね。

まぁでも700円で売れなくなれば少しずつ安くするしかないので、いずれ300円で出す時がくるのかもしれません。

そうなっても1個ずつ売るのはかなり面倒なので、3個で900円とかにして売りそうです。

やはり値段を下げる勇気っていうのも大事ですね。

やみくもに安くするのではなく戦略的に値段を下げるというのは今後やっていこうかと思います。

例えば、値段を安くしてレビューなり評価をもらうというのはいいかもしれません。

レビューや評価が増えればどんどん売れるようになるし、どんどん売れた時にちょっとずつ値上げするのはよさそうです。

先日の記事で値上げしている業者はダメだなんて書いていましたが、小売りだったら値上げしてもいいですよね。

関連記事:ネットショップの商材を仕入れる業者選びのポイント 値上げをする業者は微妙

今年もそろそろ終わりなので、来年からはもっと戦略的にネット販売をしていきたいところです。

ネットショップの商材探しならネッシーがおすすめ

仕入れサイトの中でもネッシーはおすすめです。

ネッシーで購入して商品撮影サービスで写真を撮ってもらいBASEに出品すればあなたも今日からネットショップの店長です^^

最初は卸価格が見¥えませんが、登録をすると卸価格も見る事ができます。僕も早速登録してみました。

名前や住所など入力してメールアドレスの確認をし、会社の情報を入力するとすぐに登録ができました。

ビギナーバイヤーというステータスになっています。後払い利用の審査を受けるとプレミアムバイヤーとなるようです。とりあえずはビギナーバイヤーで十分そうです。

登録は無料でできるので商材を探している人は登録してみてください。

公式サイト:
NETSEA(ネッシー)

無料で使えるショッピングモールBASEがおすすめです

01_base

ベイスは初期費用、月額料金が無料なのですぐにネットショップを始められます。

ネットショップの作成から運営まで、無料でお使いいただけます。

多種多様なテンプレートから選ぶだけで、あなたオリジナルのネットショップを作成することができます。

クレジットカード・銀行振込・コンビニ・後払いの4つの決済が面倒な手続きなしで利用できるので是非自分だけのネットショップを作ってみてください。

公式ページ BASE


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA