中国輸入 イーウー 福田市場 値引き交渉は必要?


IMG_8054




まわりの友達に中国に仕入れに行ってくると言うと、値段はふっかけられないかとよく聞かれます。中国に限らず海外では、日本人はお金を持っているからとぼられるケースが多いので仕入れというと余計にそう思われてしまうのかもです。

確かに海外では定価で売られているような商品ではない場合には、日本人だからとぼられる事が多いです。僕自身かなりぼられているかもです。もうずっと前ですがインドとかエジプトを旅行した時にはぼられないかかなり気を使っていたような気もします。

まぁ観光客がよく行くような場所ではぼられるというのはある意味しょうがないですよね。路上の屋台とかでお土産を買おうとすると結構高い金額を言われます。高いと思えば買わなければいいのですが安いと思ってついつい買っちゃうのですよね。買ったあとに、他のお店なんかで値段を聞くと全然安かったりして後悔するのはよくある事な気がします。

東南アジアで三輪のタクシーなんかにのると、目的地に行く前にお土産やさんにつれていかれる事も多いです。ひどい時は運賃はいらないから土産屋さんによってくれなんてこともありました。お客さんを一人連れてくるといくらかもらえるようです。

僕自身タイのバンコクで働いていた旅行会社も扱うパックツアーはとても安いのでそれでは儲からない為お土産やさんに行くようになっていました。ビジネスモデルがお土産屋さんなんですよね。アユタヤの世界遺産のワットプラシーサンペットが20分しか観光時間がないのに、お土産やさんに2件も行くとかです。一人いくらか入るので、ガイドの人に何人お店にいったのかを聞くのも仕事でした。夜は別のオプションでカラオケに連れて行ったり、結構えげつないです。

 

お客さんをそういったカラオケに連れて行くと、ひな壇といって女の子が沢山座ってガラス越しに指名を待っているのですが、もういい年した日本人のおじさんがお店に入るなり

 

俺と飲みたい人~~~~~~?

 

とアホな質問を大声でしたりしていました。女の子たちは

 

は~~~~~~~い!

 

って手を上げるのですが、タイ人のガイドは冷めた目であきれていたのを覚えています。

 

最近は個人で行く人も多いのでそういった事も減ってきたのかもですが下品ですね。結局そういった人達がお金を落としていくので、観光客はカモに見られちゃうのですよね。

まぁそれはさておき中国の市場でぼられるのかっていう事ですが、観光地と比べるとぼられるという事はあまりなさそうです。もちろん人それぞれの買うロットも違うし、買う商品によっても決まってくるのと、中国人よりは多少は高くなっている事もあるかと思います。ただ、観光地でぼってくるような機会に比べればかなり少ないかと思います。

最初僕は香港の友達と一緒に行っていたのでなんとなくの雰囲気はわかっていたのは大きいかもですが、初めて行く人でもそれほどぼられないかと思います。

では、ぼられない為にはどうすればいいのかという話ですが、最低限の言葉は覚えます。お金の数え方だったりです。市場ではたくさんお客さんがいるので、気に入った商品があったらお店ですぐ値段を聞くのではなく、商品を選んでいるふりをしながら他にお客さんがくるのを待ちます。中国人のお客さんがくるとたいてい値段をすぐに聞くので、その時の会話に耳を傾けます。その時にお店の人が言った値段を覚えておいて、ちょっとしたらさりげなくお店の人にその値段を聞いてみます。その時の値段が違うようだったらしずかに店を出るしかないですね。もし同じだったら少なくとも、中国人のお客さんと同じ値段では買えるという事です。

中国人の場合はそこから値引きの交渉をしているかもですが、その時の値引きは同じ商品を100個とか1000個とか作った場合の話になります。初めて仕入れに行く人はそこまで買わないと思うのでその値段でいいかと思います。もちろん値引きをしたい人はトライしてみるといいかと思いますが、10個とか買うくらいだと値引きをしている人はそんなにいなそうですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA