ネットショッピングのサイトに登録しよう


FE077




自分で購入した後は晴れて出品者としての戦いが始まります。簡単に始められて徐々にスキルアップができるような順番が大事です。無理のないように地道に一歩一歩進んでいきましょう。

フリマアプリ→ヤフオク→ヤフーショッピング→アマゾン→楽天→独自ドメイン

いきなり自分のお店をネットショップとして始めるのではなく、まずはフリマアプリのメルカリなどに登録して、家にあるいらなくなったものを販売してみることから始めてみましょう。家に売るような物がないと思っても、以外と売れるようなものがあります。海外旅行に行った時に使って両替できなかった海外のコインや紙幣、使っていない切手、図書カードなどお金の価値があるものは売りやすいです。

洋服をたくさんもっている方はフリマアプリのメルカリやショッピーズ、本を読むのが好きな人はメルカリや、ヤフオクなど売れやすい場所で出品してみてください。メルカりでは子供服を出品している主婦の方がかなりいます。子供服は子供が大きくなると着れなくなってしまうので捨ててしまうよりは、メルカリで売ってしまったほうがいいですね。
関連記事:メルカリで中古CDが売れるのか家にある洋楽のCD500枚を出品してみた

もし家に売るものがない場合はちょっと手間がかかりますが、マステの切り売りや香水の小瓶分けなども初心者の方におすすめです。商品の写真を撮ったり、説明文を書いたり、出品するだけでいろいろと勉強になります。売れたあとには梱包方法や、購入者とのやりとりなど自分なりに工夫してみるといいかと思います。

とにかく色々なところで出品することが大事です

海外輸入で商品を仕入れた場合にはとにかく色々なモールで出品することが大事です。売れているショップは同じ商品を複数のショッピングモールで販売しています。ブランド物を扱う場合はサイトを一つに絞り、丁寧に育てていくことをおすすめしますが、中国輸入の商品はライバルも多いので、とにかく露出を増やすことから始めましょう。

一つのところに力を入れすぎるとその場所で売れなくなってしまった場合に売上ががくっと落ちます。リスクヘッジを兼ねて、フリマアプリのメルカリ、ショッピーズ、フリル、オークションならヤフオク、楽天オークション、ネットショップならアマゾン、ヤフーショッピング、楽天などに出品し、独自ドメインサイトで自分だけのショップを作り、多数出品しましょう。まずは各サイトに登録することから始めましょう。

フリマアプリ

フリマアプリはいわゆるSEO対策が必要ないので、初心者の方にお勧めです。他のネットショップですと、検索結果の上位表示が売り上げに作用されますが、フリマアプリは出品した商品が一番上にでてくるので、経験や資金力がなくても他のセラーと対等に戦えます。今現在僕が使っている、フリマアプリは下の3つです。

メルカリ

フリマアプリの草分け的な存在です。一気に加入者を増やしフリマアプリ=メルカリという感じでとらえている人も多そうですね。流行りだしたころはとにかく出品したら売れるという感じだったようです。最近は中国輸入系の出品者も増えてきて若干売れづらくなってきたという印象ですね。ただまだまだ売れるので初めてフリマアプリを始める方はメルカリがおすすめです。

ダウンロード数が2016年3月現在3200万件(日本2500万件、米国700万件)にも達しています。国内の月間の流通額が100億円を超えているとのこと。まだまだユーザー数が伸びそうですね。

ダンロード数推移
2014年9月に500万ダウンロード
2015年1月に1000万ダウンロード
2015年5月に1500万ダウンロード
2015年10月に2000万ダウンロード
2016年3月現在3200万ダウンロード

ショッピーズ

109で売られているようなギャル系の洋服や靴、水着、アクセサリーなどの出品が多いので、そういったファッションが好きな方にはショッピーズがおすすめです。

MINNE(みんね)

アクセサリーのような小物から洋服、雑貨、大きなものでは家具まで200万点のハンドメイド作品が集まる国内最大級のハンドメイドマーケットです。出品者の事を作家さんといいます。作家さんは17万名が登録中との事です。パソコンや、スマートフォンのアプリから作品を販売したり、素材などのお買い物が簡単にできます。ハンドメイドをしていない方も素材や資材などのカテゴリーもあるので、ハンドメイド資材をみんねで購入してハンドメイドに挑戦するのも楽しいかと思います。まずはアプリをインストールすることから始めましょう。



ヤフーオークションサイトを利用しよう

ヤフーオークションもSEOに作用されずらいショッピングモールなので初心者にオススメです。カテゴリ―内でお金をかけると上位表示をすることができるのですが、オークション形式なので終わる時間にはかならずページの上位にきます。その為比較的素人でも売りやすいです。終了時間間近に売れる傾向にあるので、業者も沢山いますが、自分の商品が人の目に見られる機会が多いです。

もちろん僕自身も使用しています。まだまだこれからですが2015年の4月から初めてコンスタントに売れています。評価も1000以上になりました。

ヤフーショッピング

フリマアプリ、ヤフオクと続き本格的にネットショップをしたいという方は、ヤフーショッピングがおすすめです。以前はあった初期費用、月額費用がなくなりほぼ無料で使えるので売れなくてもストレスがないです。機能も沢山ついているのでネットショップ構築の勉強も沢山できるかと思います。

ヤフーショッピングも同じ時期に始めましたがヤフオクよりは売れないですね。やっぱりライバルの業者はお金をかけているだけあって強いです。評価はあまりつかないです。10人から20人に一人といった感じでしょうか。

アマゾン

アマゾンは売られている商品価格も低く、すぐにはなかなか売れないかもしれませんがアマゾンを使用している人は膨大なので、是非挑戦してみましょう。アマゾンから出荷をしてくれるFBAサービスもあり、売れだすと出品サイトはアマゾン一本になる人もいるほどです。

楽天

楽天までくるとネットショップ上級者です。すぐに始めなくても売上があがってき時にすぐに出店ができるように楽天にお店を出す方法などについて勉強しておくのもいいかと思います。初期費用や出店プランなど気になるコストをシュミレーション!【楽天市場】出店案内はこちら
FE082


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA